FC2ブログ

最近の記事

カウンター

プロフィール

サナ

最近の記事+コメント

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタシの指は彼の指

アタシの家は厳しい。
特に男女交際については幼い頃から『男は狼』と教えられてきた。彼氏が出来たら、絶対家に連れて来いと言われ、そして品定めされるのは分かり切っていた。
学校やバイト先では沢山の出会いがある。だけど何か上辺だけの気がして、それ以上踏み込めない。
そんな時、とあるサイトがきっかけでメールを交わし、アタシの性的な悩みを話せる男性と知り合った。顔も知らない相手ということもあってか、かなり恥ずかしい疑問も聞ける。彼はそんなアタシの質問に対し、しっかりと答えてくれた。いつしかメールでのやりとりがチャットになり、毎日のように話した。アタシがクリトリスでしかオナニーをしない事、中が感じれるか不安に思っている事いろいろと話した。
そして昨日、ついにこんな事を・・・・。

【“アタシの指は彼の指”の続きを読む】
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

【妄想小説@voice】イケナイ授業。

今日は情報の授業でした。先週からパソコン使った実習なんだけどさっぱり分からない(涙)
課題を終えた人からどんどん帰って残ってるのは数人。あ~ぁ、なんで一人でこんなの取っちゃったんだろぅ。誰も知り合いいないし今更、後悔。

【voice】上のピンクの文字のみw勇気のある人だけドウゾ。苦情は一切受付けませんので自己責任でお聞き下さいww

はぅ…回りの人みんないないし、最悪。

「どこで詰まづいてるの?(笑)」

パッと振り向くと先生の補佐してる先輩が仕方なさそうな顔で笑ってた。きっとアタシがなかなか終わらないから、見にきてくれたんだよね。終わらないとお兄さんも帰れないし…。

「合ってると思うんですけど…でも、実行したら答えが合わないんですぅ。」

「ちょっと見せてね…」

お兄さんはアタシの肩越しに腕を伸ばしパソコンを操作しだしました。
背後から腕を伸ばされるのって、なんだか凄くドキドキする。別にやましい事してないのに。
【“ 【妄想小説@voice】イケナイ授業。”の続きを読む】

初デートは映画。

某百貨店前で彼と待ち合わせ、今日は初めてのデートなのだ。

彼とは何度かライブハウスで顔を合わして何時の間にかメールとかするようになってた。好きな音楽が似てる、昼間は一応サラリーマンって事以外実はあまり知らない。なんせ爆音が響く中でしか言葉交わしたことしかないんだもん。日の当たるこんな時間に顔を合わす事すらまだ違和感がある。
いつもは着ないワンピースで少し女の子っぽくしたけど気が付いてくれるかな?

「よっ!」

サラリーマンらしくしっかりスーツを着こなした彼が陽気な笑顔で声を掛けてきた。黄色いネクタイが似合ってる。

「なんか、いつもと雰囲気違うから最初分からなかったよ。どこのお姉さんかと思った(笑)」

「え~、何それ?誉めてくれてるの?それとも、いつもはお姉さんじゃないってことぉ?」

彼の冗談で緊張が少しほぐれた。

「とりあえず行きますか?」

慣れた手つきでアタシの腰に手を回し、アタシ達は歩き始めました。腰に触れた手が少しくすぐったくて、みょうに腰がひけちゃう。気が付かれないように、しっかり歩かなきゃ。

「ベタだけど映画でいい?見たいのあるんだ、付き合ってよ。」

「うん、いーよ♪」

誘いかたも巧い。この男、なかなかやるにゃ(笑)映画館行くまでの道程が長い…腰がぁ感じちゃってきてます(照)何を期待してるんだぁ、アタシ。彼はそんな事思ってないぞ?


【“初デートは映画。”の続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。