FC2ブログ

最近の記事

カウンター

プロフィール

サナ

最近の記事+コメント

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

①ノーパンデート

今日はお兄ちゃんとデートなのだ♪
夏休みに友達と海に行く約束をしているから、その時に着る水着を選んで貰うんだぁ。昨日からデートが楽しみで何を着て行くか迷いすぎちゃって未だに決めれてなぃ。早くしないとお兄ちゃんとの時間が減っちゃうよぉ。(笑)
cb5b6ce4.jpgう~ん、どうしよぅ?デニムのミニスカと、こないだ買った黒のタンクか…夏っぽいワンピにするか迷う。お兄ちゃんは短いスカートの方が喜ぶよね?うーん、こっちにミニスカにしよっぅと♪
さてと、化粧もバッチリだしお兄ちゃん呼んでおで出かけ、お出かけ。


「おにぃ~ちゃんっ、起きてる?開けるよぅ?」

アタシはドア越しに話しかけ、そのままお兄ちゃんの部屋のドアを開けた。

「あれっ?お兄ちゃん?ほへっ?いない?」

ドアを開けた部屋にお兄ちゃんの姿が見当たらない。アタシは少し慌ててもしかして廊下かもしれないと振りいてみた。・…お兄ちゃんはいない。がっかりしていると突然後ろからムギュと両胸を鷲掴みにされた。

「キャッ!?」

誰もいないと思っていた部屋から急に胸を背後から捕まれ思わず変な声を上げてしまった。 
「驚いた?」 
振り向くとすました顔のお兄ちゃんがいた。

「驚いたぁ…もぅ、いないからどうしよぅって心配したんたがらね?」

「あはははっ、ごめんごめん。たまたまドアが開いた時裏にいたからさ(笑)ごめんな?」

そう言うとお兄ちゃんはアタシの額にチュっとキスをしてくれた。

「おにぃちゃ…揉んじゃぁダメェ…だよ?」

「感じちゃう?」

「ぅん…」

なんだかんだ言いながらお兄ちゃんはタンクトップの胸元からスッと手を差し込み直接胸を揉み始めた。

5a88c369.jpg「しない?」

「しなぃ…」

「乳首勃ってる。」

「勃ってなぃ…。」

「勃ってるし。」

コリコリとお兄ちゃんは器用に隙間から乳首を捻るように摘むから勃ってきてしまう。

「もぉ~、お兄ちゃんのせいじゃんっ。服が伸びちゃうっ。」

アタシはお兄ちゃんの手を振りほどいて軽くお兄ちゃんを睨んだ。すると今度はお兄ちゃんがアタシの腕を取り部屋へ引き込みドアを閉めた。ジッとアタシを見つめたかと思えばギュウっと強く抱き締め首筋に舌を這わせてきた。スカートをたくし上げショーツ越しにお尻を揉み始めてくる。

「ちょっと、ぁんっ…ダメ…お兄ちゃん。」

お兄ちゃんは無言のまま今度はショーツを股間に食い込むせるように持ち上げてくる。そして息ができないほどに熱いキスをしてきた…。アタシの唇をお兄ちゃんの唇が覆い、唇を割って舌が侵入してくる。時に激しくまた艶めかしくアタシの口の中で這いずる舌。次第にどちらのものと言えない唾液が唇の端から線を作り垂れ零れる。

「んっはぁっ…」

ピチャ、ピチャ・…と日が差し込む明るい部屋にはそぐわない音が鳴り響く。お兄ちゃんの唇が離れた時、ツゥっと透明な唾液が線をなした。


FC2
応援して下さぃ。現在4位

←新規登録しましたぁ★応援して下さい♪第326位UP中↑↑
←新規登録しました。お願いします。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

サナさん、僕がサナさんのお兄さんだったらなぁなんて思いました。

えっちな姫だね~(^O^)

お返事にゃん★

★しんさん★
しんさんがお兄さんだったら・・・イイ子②いっぱいしてくれますか?

★たまご王子さん★
そぅ。。。サナえっちなんです。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://lovesana.blog16.fc2.com/tb.php/175-461341d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。