FC2ブログ

最近の記事

カウンター

プロフィール

サナ

最近の記事+コメント

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

③イケナイ妄想

マッサージをしていたお兄さんの動きがふと止まった。

「背面で特にお辛いところはありますか?腰から肩にかけてはかなり固くなっているようなのでご希望がなければ重点的にさせて頂こうと思うのですが。それとも…」

お兄さんの語尾が濁る。

(それとも何?)

消された言葉の続きが気になる。でもアタシは追求する事はできませんでした。

「あ、はぃ。お任せしますぅ。」

マッサージで少し食い込んだショーツを親指で直しアタシは答えた。本当はお兄さんに隣の部屋の客のようにアタシを淫らな世界へと導いて貰いたいのはやまやまだけど…。そんな恥ずかしいお願いが出来るはずありません。お兄さんがしてくれなきゃ…無理だよ。

「わかりました。お任せで宜しいですね…」

お兄さんの手が再び肩甲骨に押すように添えられた。

「いいですか?」

何を聞いているのかよくワカラナイけど…。

「はぃ。」

とりあえずyesと答えてしまったアタシ。
お兄さんの手の平がすべるように背骨を伝い、お尻の緩やかなカーブをなぞる。そしてそのまま、カーブにそって割れ目へ、内腿へ移動していった。
特にイヤらしい動作ではないんだろうけど場所が場所だけに変な妄想をしてしまう…。


「力加減は大丈夫ですか?…ここ、股関節にもリンパ腺が通っているんですよ。あまり強すぎもよくないんで…」

「そぅなんですかぁ…」

あぁ…そんなに優しく撫でちゃ感じちゃう…。ピクンと思わず身体が震えた。

「くすぐったいですか?」

「ちょっと(笑)」

感じてしまったのを隠すように明るく答えてみた。
いつの間にか隣の部屋からは物音もせず、静かに流れるリラクゼーション効果の音楽がアタシを虚ろな世界へと引き込ませていった。

「身体暖かくなってきましたか?」

「ん~どうだろぅ?でも…きもちいですよぉ。」

「ありがとうございます。じゃあ今度は前面に移りますので少し足を広げ膝を立てて仰向けになって下さい。」

姿勢を変えるのに手を突いて振り向いたら、またお兄さんがじっとアタシを見てた。何を照れたのかアタシはついつい目を逸らし指定された姿勢をとった。

「じゃあ続けますね。」

足首から膝の裏、膝から脚の付け根へとまたマッサージが始まった。なんだか妄想ですでに感じて下半身は濡れ火照り、ブラを付けていないTシャツからは乳首がぷっくりとその形を露にしていた。
すっうと手を引くように腿を撫でられ、ついにアタシはその声をあげてしまいました。

「はぁん…」

「くすぐったいですか?(笑)」

「すみません…」

申し訳なさそうにアタシが答えると、

「お客さまは前回はされてます‥か?」

少しゆっくりとした口調でお兄さんは聞いてきた。何を指しているのかワカラナイけど、もしかしたらあのマッサージの事なのかもしれない。

「……。」

アタシが黙っていると、お兄さんは手をそのまま脇腹へと移動させた。

「ゃん…っ」

ただでさえ弱い腰をそんな風に揉まれちゃうと身をよじり感じてしまった。

「お客さま、相当腰弱いですね。(笑)これじゃあ、デートで腰に手を添えられるだけで大変でしょ?(笑)」

クスクスとお兄さんがおかしそうに言う。そしてわざとらしく、脇ばかりを攻めてきた…。

「んっ…ぁっ…っ」

ついつい声をあげ、身をよじってしまう。

「お客さまは彼氏いるんですか?」

「んっ…はんっ…今‥は・・ぁん…いなぃ・・です…」

何を聞くのかと思っているとお兄さんの手が脇から胸を押し上げるように揉み始めた。

「そうですか…服の上からでも分かるくらいですね…」

そう言うとお兄さんは服の上からキュッと乳首を掴み捻ってきた。

「んっ…ッ」

「目は閉じていて下さいね」

ついに待ちに待っていたあのマッサージが始まる?ドキドキしているとお兄さんが服をまくり胸を直に揉みしだき始めた。そして指とは感触の違う柔らかくねっとりと暖かいものが乳首に触れた。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント

弱いトコもいっしょだね

脇と乳首でしょ
ぜったい、あばれるわ。私

亜希が集中攻撃されるから
見に来てね

ああ、コメントね
やつが一言かぶせたから
サナ、仲間になっちゃったよ、ごめん。
サナ、どこにコメントしてもいいよ
リンク貼っとこうかな
あそこ、わたしのとこよりアクセスが多いもの

あははは(笑)
普通にコメントよんで笑っちゃったww
やつって~・、仲間ってなに~?
・・・アハハww

ほいじゃぁ、ちとお風呂入ってきまぁす

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

声が

お任せってイイね。
好い加減ってのも好きだけど。

もう少しゆっくりと焦らしてからかと思ってたらいきなりちーちゃんをだなんて。。。あらら

★秘密さん★
はぃ^^
お気にせずなのです^^

★hiroさん★
ライブドア版の手直しなりなり♪
もう一度じっくり楽しむのでし~~っ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://lovesana.blog16.fc2.com/tb.php/18-80f3b5c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。