FC2ブログ

最近の記事

カウンター

プロフィール

サナ

最近の記事+コメント

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

④イケナイ妄想

アタシにはその柔らかいものが何かはっきりと分かっていた。それは乳首をゆっくりとした転がすようにチロチロと動き始めた。

「はぁんっ…」

「お客様…待ってましたか?」

「えっ?!」

「前回もお任せでされてるみたいですし、それに最初から乳首勃ってましたから(笑)お任せってウチじゃ、こうゆうコースの事なんですよ。」

お兄さんは説明をしながらも胸を両手で大きな円を描くようにゆっくりと揉んでいく。ピチャピチャと音を立てて乳首を舌で遊ばせながら、ゆっくりとオヘソからツゥっとなぞるように股間へと指を滑らせていった。

「ひゃぁ…んっ。」

「そ…ぅだったんですか…んっ…はぁ…アタシ…っはぁんっ。」


ねっとりと絡みつくような乳首への愛撫と秘部に届きそうで届かない茂みをまさぐる手の感触にゾクゾクと感じてしまう。ずっと心の中で思い描いていたイケナイ妄想が今現実になろうとしているんだもん。身体が敏感にならないワケがないです。

「お客様姿勢変えてみませんか?膝と手をベットについて四つん這いになってみて下さい。もっと感じれますから…」

言われるままにアタシは手と膝をつけて四つん這いになった。お兄さんは腰を落とせと言わんばかりに腰を押して、お尻をグッと上げるような姿勢にさせられた…。背筋が伸びて気持ちい。
お兄さんはアタシの股の間から手を差し込みショーツの中に直接手を差し込んできた。

「わッ…凄い。濡れまくってますね(笑)」

思わず顔がカーっと赤くなるのが分かる。
お兄さんは濡れた割れ目を指でなぞりクチュクチュと入口を撫でる。中には指は入れないで…前後にクチュ、クチュっとゆっくりと音を立てて指に愛液を絡ませていく。そして、そのまま割れ目の先端にある小さな粒を探り当て指に絡めた汁を撫でつける。

「んんっ…」

ビクッっと身体が反応してしまう。

「クリトリス好きなんですね…。」

「ん…ふぁ…ぁん…っぁ…はぁ…んっ」

クチュ・…。
ぐりぐりと恥骨とクリを押しつぶしてお兄さんは刺激を当てつづけてくる。弱みを見つけて、そこばかり念入りに攻めてくる。アタシの身体がビクンビクンと反応するたびにそこばかり…。アタシは手で身体を支えていられなくなるくらい感じまくっていた。胸と顔をベットに埋め、腰が勝手に前後に動く。お兄さんの指にクリトリスを押し付けるように腰がイヤらしく動いてしまう。

「っんぁ・・はぁ・・ッはぁん…」

眉間にシワを寄せ口は半開き。瞳は虚ろに涙を浮かべ、きっと凄くブサイクな表情…。

「ねぇ?気持ちぃでしょう・・・・。何回でもイっていいんですよ?我慢しないでリラックスしてくださいね。」

お兄さんはそういうとアタシの着替えたショーパンごとショーツをずらしてきました。

「ゃぁ・・・ダメです。」

アソコが丸見えになっちゃう…いくらなんでもそれは恥かし過ぎる。必死でショートパンツを押さえて抵抗する…。

「邪魔じゃないですか?」

「大丈夫です…。」

「恥かしいですか?」

コクンとアタシが頷くとお兄さんは諦めたのかショーツは元に戻し、ショーパンだけ脱がせました。それでも、濡れたアソコの形がはっきりと写ったショーツを見られてしまう…。そう思うとまたアタシはジワジワと濡れてしまうのでした。

「びっちょり濡れてますね…」

割れ目を再びなぞりあげて、ヌチュッっと指が割れ目を割って挿入された。

「んぅ・・・はっん…」

「凄いですよ?ギュッッて締まってて、絡みついてきてます。」

お兄さんがグッグッっと指を奥まで指しこんで壁をグリグリ刺激しはじめました。中で指を曲げてみたり、親指でクリを刺激して…。気持ち良すぎておかしくなってしまいます。汗が身体から吹き出ていました…。感じてくると何で身体が火照るんだろゥ…。

「はぁ…はぁ…」

アタシは熱い吐息を漏らし、ゆっくりと腰をまわして指の感触を味わった。クリへの刺激をお兄さんは止めない…どーにもこーにも、それがアタシを絶頂へ導いていく。

「ハッ・・ァ・・・アァ。おにぃさん・・・ダメェ…ぁぁああん…」

高く上げていたお尻も落ちて、迫ってくる快感が身体を突き抜け始める。

「アァ…やぁ・…ぁ・・ダメっ…やっ…でちゃ…ぅぅぅ…っ」

アタシの言う事はお構いもせずにグリグリと指を2本入れて腟を掻き回す。くちゃっ・・・くちゅ・・・イヤらしい音が鳴り響く。クチュクチュ・・クチュ。
アァ…もぅ。ダメ。おかしくなりそうで頬にツゥっと涙が伝う。いつもオナニーでも何故か気持ち良すぎるとおかしくなってきて涙が出ちゃう。
今日も凄く気持ち良くて…あぁん・・もぉ・・っ…。身体をビクビク震わせ、肩を噛み悶えるアタシ。

「タオル敷いてますし…気にしないで、感じるままで硬くならないで…」

お兄さんはアタシのお尻にキスをして…またクチュクチュとアソコに入れた指上下にピストンさせてくる。クリトリスへの刺激はブルブルと小さな振動を繰り返し与えれくる。グリングリンと指で与える刺激は小さくても、脳天に響く快感を呼ぶ。

んっ・・・。ダメ・・もぉ・・

「ハッ・・ぁあ…はぁんっああぁ…ッ…」

悶えながらアタシは何かをピュっと出した。ショーツの染みが一気に広がる。少量であるが何か液体が放出されたのは確か…。それが何かアタシは知らないけど、とてもとても恥かしいです。

「はぁはぁ・・・はぁ・・・」

アタシは息絶え絶えにお兄さんに謝った。

「すみません…。」

「いいえ…気にしないで下さい。」

アタシが逝った事には気がついているはずなのにお兄さんはまだアソコを弄るのをやめずにいました。

「ねぇ、今彼氏いないんでしたよねぇ?」

「はぃ…」

「ゴム付けるから入れていい?」

お兄さんは急にタメ口でアタシに聞いてくるので返答できませんでした。

「あ・・っと。ウチ、マッサージ屋だけに手しか使わないのよ?だから、入れるとかって・・これはホントはNGなのよ。けど…」

お兄さんを見ると股間がモッコリとしてて、オチンチンがこんにちわーってしているのが丸分かりでした。でもなんで、アタシにそんな事聞くんだろぅ?

「エ・・・ット・・。いや・・すみません。僕が気持ち良くなっちゃうってのも正直あるんですけど、絶対もっと感じさせて見せますから…。ってゆうか感じて貰いたい。」

ミステリアスな大きな瞳で見つめられると頷くしかないじゃん…。しかも、なんか可愛いし…。

「後ろから…いきますね」

そういうとアタシのショーツを下ろし、アソコにオチンチンの先っちょを押し付けた。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://lovesana.blog16.fc2.com/tb.php/22-5690a932
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。