FC2ブログ

最近の記事

カウンター

プロフィール

サナ

最近の記事+コメント

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

②お試しマッサージ

んっ…マジ気持ちいいんだけど…。マッサージって愛撫みたぃ(照)声が漏れちゃうよ。

「じゃあ今度は俯せに寝て下さい。」

アタシは言われるままに俯せになり、今度は脚の裏側のマッサージに移った。

「力加減は大丈夫ですか?強弱があれば言って下さい。お辛い部分もあれば重点的にしますので。」

「あ…はぃ。大丈夫ですぅ。」

そしてお兄さんの手は内股からお尻をゆっくりと揉みほぐしていった。

「っ…ひゃっ…」

「どうかしましたか?強すぎますか?」

「いぇ…ちょっときもちよくって…強さは大丈夫です…」

一瞬お兄さんの指がアタシのアソコをかすめたから、つい声が出てしまった。しかもアタシはじわじわと濡れ始めていた。
お兄さんはにったりと笑みを浮かべ、お尻をギュッと掴んだ。アタシの反応をみて、その手は滑るようにショーツの脇からアソコへと伸びた。

「お客様…感じちゃってるんですね。」

「っん…はぁ…っ」

「濡れちゃってますよ?」


お兄さんは、クチュッと音がするようにアソコに触れた。ローズの香りが甘く頭がボゥとした。
アタシはもうここまできたら黙ってされるがままでいいと思ってしまった。だって本当に気持ち良かったんだもん…。

「俯せか仰向けどちらがお好みですか?」

「仰向け…」

小声で答え、アタシは仰向けになり脚を開き膝をたてた。

「ゃっ…ん。ん…ぁんっ!キモチィですぅ。」

「そうですか…それは光栄です。」

お兄さんはクチュクチュと指でを広げるように触る。上下に動くたび手の平がクリを撫であげる。

「んぅ…はぁん…もっと…ぁあん…奥まで…はぁ‥ぁ‥ん」

しっとりと濡れた入り口からお兄さんの指か一本、二本と挿入される。クチュ。いやらしい音。

「あぁんっ…ぁん…」
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://lovesana.blog16.fc2.com/tb.php/4-2d46c70b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。