FC2ブログ

最近の記事

カウンター

プロフィール

サナ

最近の記事+コメント

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2:プロローグ 出会い系とネトゲ

2:プロローグ 

出会い系とネトゲ


2月18日(金)

サイトに登録して、早速ログを書き込む私。
リアルの世界では出会えないアニメやネトゲ好きな人がいるといいなぁーという気軽な気分で記事を投稿した。
その出会い系ではマイページからブログが書ける。
そのブログを媒体にして交流を広げ深めていくという形の出会い系。SNSといってもいいのかもしれない。
とありあえず私からサイト内を彷徨い興味のある内容のブログへのコメントなどをしつつ、
どこからともなくアタシのブログに辿りついてくれた男性もコメントをくれた。

その中の1人に「彼」がいた。


2月19日(土)

私はアニメが好き。アニソンが好き。
オタ度満載の記事を二日目にして書けて満足だった(笑)

大好きなアニソンを流してふんふんしながらレスをつけていく。
ゲームでは話せない内容、でも私が好きな話がこのサイトのブログで出来る。
この人はどんな人だろう、こんな人かな?とか思いながらレスすると楽しかった。


この2日目にサイト内メールが届いた。
初めてだった。

1通目。
知らない人。足跡も無い人。
いきなり遠距離前提だけどメールから仲良くして頂けないかという内容だった。
遠距離が無理なら断ってくれてもいいというので断った。
準備運動くらい私もしたいんだ。

2通目。
コメント返しをした際に遊びに行ったけど、
最新のログがなくどこにコメントして良いか分からないってレスした方からだった。
これが「彼」だ。

軽い感じの自己紹介と良かったら仲良くしてね。という内容。
しかも私の希望がPC好きな人ということで、そのあたりをしっかりと盛り込んできているところが何ともにくい。
少し興味はもった。
でもワーイ♪と喜んで飛びついて返事をするほど「彼」に興味はまだもっていなかった。

その頃の私はアニメ好きさん達とお互いのブログでコメントレスでのやりとり会話が楽しかった。
ゲームもしたかったし1日置いて返事をした。



2月20日(日)

三日目。ブログは表と裏の二種類がある。
表は通常。裏はアダルト。
いつものように表では漫画やアニメをネタに。
お題といってテーマがあるので手軽に更新することが出来る。これを使って裏もサクっと更新。

この時何が楽しいかといえばやっぱ他の人が書いたブログを色々読み漁るのが楽しかった。
色んな人の想いや性癖や悩み、欲望がいっぱいログに溢れてた。
つまらない数行のログもあるけど、それはそれ。1行に伝えたいものがあったんだろうな。



2月21日(月)

記事更新は今日はお休み。
ネタがないわけではないんだけどサイトだけが楽しみってわけでもないから。
ってのは嘘(笑)

いつも遊んでいるオンラインゲームしてたら時間がなかっただけ。
それなりに知り合いもいるし喋ったりしてたら時間が足りない。
ダイアリーといって毎日する作業があって、忙しい社会人でもそれだけしておけばLVが微々貰えるっていうボーナスみたいなものがダイアリー。
クエスト完了報告を3回とかちょっと面倒だけど時間があるときに完了クエストを貯めておくと便利。

人とのつながりネトゲでもあるけど、ゲームの話がほとんど。
あと黙々と遊ぶ人のほうが多いんだ。
騒々しい私はお断りされていたのかもしれないけど、気にしない。

ちなみにネトゲってキャラクターの性別だけでは中身が男が女か分からない。さらに年齢だって分からない。
なのに「好きだ」とか告白が起きたりするんだ。

気持ちは分からなくもない。
話してて可愛いなぁって人いっぱいいるし、男前っぽそう!って人も結構いる。

男でもいいんだオマエに惚れた。女なら付き合ってくれ、男なら飲みにいこう!

こんな感じに強引な人もたまにいる。
下半身直結って言われるような人もたまにいる。

だれかれかまわずいい顔してる人もたまにいる。


これはネトゲでも出会い系でも、リアルでも同じだよね。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://lovesana.blog16.fc2.com/tb.php/426-a26a2b92
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。